2017年度 ~指導者研修会報告~



 2018年1月21日(日)2017年度指導者研修会を開催しました。

 今年の研修会は、2014年度に開催した内容の続編で今まで感覚で指導して
 いたマーチング活動を数値化することによる科学的な活動を導入する貴重な内
 容となりました。



 

 【日程と主な内容】

  日 時 2018年1月21日(日) 13時00分~15時30分

  場 所 エッサム神田

  内 容  『テーマ』 M&Mにおける経験者と未経験者の違いについて(続編)

              ~トレーニング方法の提案~

  講 師 早田 剛(IPU環太平洋大学 体育学部健康科学科 准教授)

      中家淳悟(IPU環太平洋大学 マーチングバンド部 監 督)

 

開講式の後、早速講義に入りました。



1.自己紹介
 ユーモアたっぷりに両先生とも自己紹介して
   下さいました。
   特にIPU環太平洋大学は12名からスター
   トし、短期間で120名を超える部員数とな
   り、小編成から大編成への移り変わりによる
   体験談をお話し頂きました。

 


2.研究の目的

2014年に続き今回もテーマとして取り組まれている研究については
    その大義に『マーチングの普及』があります。
    マーチングの学術的な確立をするために様々な研究を手がけられていて
    今回は過去の経験や知識・感覚での指導を数値化し、根拠に基づく指導
    法の検討や有効なトレーニング方法を見いだすことを目的とした研究が
    行われていました。

 

3.研究事例紹介

 
     a.ストレートレッグとバイシ 
       クルステップとの違い
  検証では股関節、膝関節、足
  関節の曲がり具合を比較する
  ことによる数値化された結果
  をグラフで見てその変化を知
  ることが出来ました。

 

 

 

 

    b.ストレートレッグにおける経験者と未経験者の違い

膝を曲げて速度について行く事がわかり、
姿勢が変化してしまうため統一性が取り
にくいことがわかりました。


※この検証は優位性を出すため
        のものではありません。






  4.その他

    マーチングに関する障害や現在のトレーニング方法から有効なトレーニング
    方法への変革など具体的な数値を参照しながら学ぶことが出来ました。
    また、今後迫りくる少子化問題や外部講師・外部顧問制度の対応出来る人材
    確保などについての提言やマーチング人口を増やす工夫と共に減らさない工
    夫など視点を変えた講義の内容に参加した皆さんも再確認が必要だと感じた
    大変有意義な研修会でした。
 
    では各自が講義の内容から身近に感じた事を質問していました。

 

 

 5.アンケートから (抜 粋)

 本研修会も参加された皆さんにアンケートを採らせて頂きました。
   a.個人会員21名  団体会員15名  その他12名

   b.研修会参加へのきっかけ
    ・昨年も参加し、たいへん勉強になったので
    マーチングについてより深く考えたいと思い参加いたしました。
    マ協、関東支部の案内を見て
    HPを見て興味がわいたため。マーチングのことをどのように
     プレゼンするのか気になったため。
    他団体の練習や考えを知りたいと思ったため。
    マーチングトレーニング方法を学び、明日からの指導に生かせるように
     考えた。

c.研修会の感想

      特に研究意義、マーチングの普及の話は興味深かったです。マーチン
      グが教科書にも載るよう、底辺の私達もがんばり続けようと思いま
      した。また、これからのトレーニング方法(特にブラジル体操)は
      早速取りくみたいといます。
    ・”科学的にMMを考える”ということでとても興味深く聞かせていた
      だきました。子どもたちにより良いマーチングをやっていけるよう、
      また研修会に参加したいと思います。
    ・バイオメカニクスの観点からマーチングを科学する。こういった研究が
     あることにおどろき、研究内容もとてもおもしろかった。今後のマーチ
     ング普及に欠かせないと感じた。次の研究報告もぜひ聞いてみたいです。
    ・トレーニングを見直すきっかけにもなりました。マーチングを科学的に
     研究している内容でしたので、今後の研究や発表も楽しみになりました。
     小学生の傷害率の高さが気になります。重い、だけでは楽しめないです
     ね。
    ・今まで感覚でやってきた部分がありましたが、練習方法やメニューを考
     えて、また、分析し、組んでいくことの大切さが分かりました。開催あ
     りがとうございます。
    ・マーチングというスポーツを感覚的なものではなく、科学という学問の
     面で本格的に分析している事を知り、マーチングに対する考え方の違い
     に驚き、感動しました。
     今回学んだ全てをしっかり同学年に共通認識してもらい、良い後輩指導
     に努めたいと思います。貴重なお時間ありがとうございました。

   d.今後開催してほしい講習などの要望

   トップバンドの具体的な練習方法。
    貴重な講習、研修会どうもありがとうございました。
   ・部活動問題が学校現場では大きな問題として取り上げられています。
    顧問の先生方のワークバランスと生徒の技術向上のバランスを考える
    機会を設け、マーチング活動環境の保全を目指してほしいです。
   ・「理学療法士であるマーチングライセンス所持者」を活用してください。
    今日の研修でとても感じました。
    学校指導を行っても、その重要性をなかなか理解されないことが多いので。
   ・Pyware3Dの講習会など
   ・バッテリーパーカッションにおける知識を科学的な観点からの考察を
    まとめた講習など開催して頂きたいです。
   ・私自身、教員ではなく一般の会社員であり、依頼を受け指導しておりま
    す。話に出たような「外部指導者向け」の指導講習会などあれば、ぜひ
    参加希望です。











これからも参加頂いた皆様やご覧頂いている皆様に有意義な研修会となるよう

頑張ってまいります。

2017指導者入門コースを開催しました


2017年度 

指導者講習会in埼玉 ~指導者入門コース~



 2017年5月28日(日)さいたま市立上里小学校において、指導者講習会in埼玉~入門コース~を開催しました。

 今年の講習会は、上里小学校の佐藤先生にご協力いただき、上里小学校マーチングバンドの児童の皆さんに日頃の練習の様子を見せていただき、練習の方法や指導のポイントなどを学ぶことができた。 受講生は、埼玉、栃木、東京、神奈川、群馬などから31名、関東支部の理事や育成委員も加わり、約40名で一日、マーチングの指導や運営について研修しました。


【日程と主な内容】

 日時 2017年5月28日(日) 

 場所 さいたま市立上里小学校

 講師 海老沢慶人(一般社団法人日本マーチングバンド協会 公認指導員)

    藤田奈緒美(一般社団法人日本マーチングバンド協会 公認指導員)


開講式の後、早速上里小学校マーチングバンド

練習を見学しました。

  ・一緒にストレッチから始めましたが、身体はやや硬化が始まっています。

  ・通常の練習を見学すると同時に海老沢先生より指導のワンポイントを

頂きました。

また、藤田先生からはカラーガードのポールや種類、基本操作などの
 概要説明を受けました。
  


午後のスタートは受講生自己紹介や活動報告をはじめ、疑問点・問題点などを
発表し二班に分かれ受講しました。



 実技講習

  カラーガード基本動作修得


  ・ポールを持たずに停止間の基本動作(停止姿勢・足踏み等)

  ・ポールを持って基本操作体験

 
 指導、運営について

      ディスカッション(海老沢先生)


 マーチングの歴史や日本での認識などの知らない情報が沢山聞く事が出来ました。

 小学校での取り組み、高校吹奏楽部からマーチングバンドへの移行、一般バンド

 の認知拡大など積極的なディスカッションが行われました。

  
 





 最後は全員が合流し、感想や今後の活動などの情報交換を行ない、大変有意義な

 時間を共有する事が出来ました。




指導者講習会in長野 〜入門コース~



 2017年6月18日(日)辰野町立辰野中学校において、マーチングバンド講習会in長野~指導者入門コース~を開催しました。

 今年の講習会は、より多くの皆さんが参加できるように、首都圏から飛び出し、辰野中学校の小松先生にご協力いただき、辰野中学校吹奏楽部の生徒の皆さんに日頃の練習の様子を見せていただき、練習の方法や指導のポイントなどを学ぶことができた。 受講生は、山梨、長野から12名、関東支部の理事や育成委員も加わり、一日、マーチングの指導や運営について研修しました。


【日程と主な内容】

 日時 2017年6月18日(日) 

 場所 辰野町立辰野中学校

 講師 海老沢慶人(一般社団法人日本マーチングバンド協会 公認指導員)


 長野会場では、はじめに受講生自己紹介を行ない少人数ならではの利点を活かし

 受講生個々の疑問点などを確認し講習ポイントをある程度絞り込んでスタートす

ることが出来ました。


 

午前中は辰野中学校マーチングバンドの通常練習を見学しながらの講習会です。



◇辰野中学校の練習見学

 普段の練習をそのまま、見せていただきました。新しいメンバーが増え

 たばかりで、上級生が熱心にフォローしている姿が印象的でした。

 海老沢先生からのアドバイス練習の目的、ポイントなどについてお話を頂きました。
 実際の動きや子供たちとの様子も間近で見ながらの講習であるため、疑問に思った
 事なども、その場で聞いたり、ディスカッションすることができ、短い時間でした
 が有意義な時間でした。
◇実技練習

 辰野中学校の皆さんに合わせた動作を一緒に体験しました。

 団体毎に異なる姿勢や歩き方等実際に動いてみることで、より理解が深まりました。
 指導者の皆さんも、適度な緊張感の中、良い体験が出来ました。

 

 


 午後は指導・運営方法について

          ディスカッション

 指導者の方々が日頃、疑問に思っていることや悩んでいることなどについて、お互いに情報交換をしました。 

 共通の悩みがあったり、共感できる部分も多々あり、今後の自分のマーチング指導のヒントを得ることができたようです。




【受講生アンケートより】(一部抜粋)

 〈感想〉

  実際に体を動かして講習を受けることが出来、具体的な言葉や目印など工夫の仕方がわかってよかった

  小学生の練習を実際に見て取り入れられるものがありそうだったので良かった

  何よりも参加型のプログラムだったので、頭だけでなく体でも覚えることができ、とても有意義な研修でした

  体育館で実際に体を動かすことで歩幅を合わせることの大変さ、カラーガードの扱いにくさを身をもって体験することができた

  運営方法や吹奏楽からマーチングへ移行していく為のアドバイスをいただけて、良かったです。

  普段疑問に感じていたことが、少人数での講習会だったので沢山聞くことができて良かった

  指導者の立場やどうあるべきか等様々な人の意見が聞け、新たな発見があった

  講習会に参加して自分達らしく頑張ろうと思うことが出来ました。

  モデルバンドの練習や演奏演技を見学して、自分達も取り入れたい内容が沢山あった



 〈要望〉

  年代に応じたカリキュラムや動きながら学べる講座があった方が良い。

  マーチングパーカッションもあれば嬉しいです。

  今後も続けて頂きたいです

  ガードだけを教えていただける講習を受けたい

  次は生徒のリーダーを連れて参加したい

  また、このような講習会を開催してほしい

  色々な団体が参加出来る交流会のようなことをしてみたい

これからも参加頂いた皆様やご覧頂いている皆様に有意義な講習会となるよう

頑張ってまいります